メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ちかごろ地震が続いている。日本はそもそも地震国だ。江戸時代でも、複数の地震が起こった。

 初期の大震災が、新暦で1703年12月31日午前2時ごろ起こった元禄地震である。房総沖を震源地とするマグニチュード(M)8・2の地震で、翌04年には、これ以上の災いを回避するために「元禄」を「宝永」とした。新井白石はこの時、庭に板戸を並べて地割れから家族を保護した後、「家が倒れると火が出るぞ! 消せ!」と大声で叫びながら走って行った。冬には今より多くの火事が起きた。そこで、「火を消せ」と叫ぶのだ。

 年号を変えても余震は避けられなかった。新暦で07年10月28日、東海、東南海、南海に連動型地震が起…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです