メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/202 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(37)

 周囲を炎に囲まれながら、タケシは凍りついた。全身の血が足元から地面に流れだしてしまったようだ。登美子はその場にしゃがみこみそうだった。モンペ姿の少女の両脇には二本の不発弾がななめに土に刺さっている。タケシにはきこえないが、そこから音が鳴っているのだ。不発弾の信管が遅れて炸裂(さくれつ)するときの音だ。登美子は恐怖で足が動かない。タケシは叫ぶと同時に駆けだしていた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです