メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

7月 古代ギリシャからミケランジェロへ 継承された「理想の身体」=高階秀爾

 人間の身体に「理想の美」を見いだしたのは、古代ギリシャ人たちであった。それ以前、メソポタミアやエジプトの人たちもさまざまの人体表現を残したが、それは神々や偉大な支配者の姿を示すためであった。縄文時代や旧石器時代の「ヴィーナス」と呼ばれる女性像は、生命の豊穣(ほうじょう)を祈念するものである。だが古代ギリシャ人たちは神々や英雄、あるいはオリンピック競技の優勝者たちの姿に「美」という新しい価値を付与した。

 紀元前5世紀の彫刻家ポリュクレイトスは、この「美」を成立させるものは身体各部位の比例と均衡の関係に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス
  3. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです