メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

アート留学生の志

 信楽焼で知られる滋賀県甲賀市の信楽地区。陶芸やデザインの学科を持ち、地域の若者を育ててきた県立信楽高校は定員割れが常態化し、存続の危機に陥った。打開策として2014年、県立でありながら募集枠5人を全国に開放する「アート留学」制度をスタートした。

 志ある若者を将来の担い手として呼び込み、地元出身者にも刺激を与えるという、地域の願いが込められている。野心的な挑戦だが、同…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです