メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外夫婦別姓訴訟、サイボウズ社長の賠償請求棄却 東京地裁
ぐるっと首都圏・母校をたずねる

埼玉県立熊谷高/6 「自主自立」今も糧に 入江悠さん /東京

 ◆映画監督・入江悠さん=1997年度卒

 入江悠さん(38)=1997年度卒=は、埼玉の田舎町で生きる若者の青春を描いた映画「SRサイタマノラッパー」シリーズで知られる気鋭の若手映画監督です。埼玉県立熊谷高校時代は、剣道に打ち込み、厳しい練習の中で「自主自立」の精神を学びました。「熊高に行っていなければ映画監督になっていなかった」と語り、作品にも高校時代の思い出が反映されているそうです。【大平明日香】

 高校時代は剣道に打ち込みました。1年上に、中学で全国優勝したことがある先輩がいて、インターハイ出場…

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2273文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです