メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出光興産・昭和シェル石油

統合 創業家翻意、村上氏後押し 迷走3年、やっと収束

記者会見を終えて握手する昭和シェル石油の亀岡剛社長(左)と出光興産の月岡隆会長=東京都千代田区で10日、西本勝撮影

 「創業家の反乱」で3年にわたって迷走してきた出光興産と昭和シェル石油の経営統合計画が来年4月にようやく実現する見通しとなった。猛反対してきた出光大株主の創業家側が急転直下、翻意した背景には、出光経営陣との協議再開をお膳立てした、旧村上ファンド代表の村上世彰氏の存在もあった。【袴田貴行、岡大介】

 「創業家側と今年4月ごろから協議を再開。(統合後の)経営理念や収益計画に関して相互理解が深まり、最終的に合意できた」。出光の月岡隆会長は10日の記者会見で同意を取り付けた経緯を説明。「(モノ言う株主として知られる)村上氏から創業家に統合の必要性を助言してもらったことが関係改善につながった」と明かした。

 出光は1940年の設立以来、創業者の故出光佐三氏の方針の下、欧米メジャーに対抗する日本資本の石油元…

この記事は有料記事です。

残り1052文字(全文1402文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです