メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

重み増す株主総会=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 株主総会が終わると、上場企業の新しい事業年度が名実ともに始まる。総会の様子は、各社の経営事情を映じているので軽々には総括できないが、全体としては収益状況が良好であったこともあり、比較的平穏であった。

 とはいえ、総会を含む株主と企業との対話は、その時々の企業の経営をチェックし、適切な方向に導く重要なプロセスである。しかも、企業が銀行借り入れにあまり依存しなくなって以来、金融機関による経営チェックの意味合いが低下している中では、一層重みを増している。

 中でも機関投資家の役割は重要であり、実際、企業との対話の内容は年々深まってきている。企業からの提案…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです