メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/335 第9章 15=高村薫 田中和枝・挿画監修

 上田亜沙子は雪子との約束を忘れていたわけではない。自身の病気や引っ越しなど、身辺の変化の大きい年だったせいか、雪子が知る由もない隘路(あいろ)に自分で自分を追い詰めてしまい、電話もかけそびれて、プレゼントだけ郵送するに至ったのだ。ほんとうは、栂野先生の手紙の件で雪子に嘘(うそ)をついたことを謝罪したいと思い、何度か手紙を書こうとしたのだが、それがどうしてもうまくゆかない。もともとまとまった文章を書くのが苦手だということもあるが、書いては消し、書いては消し、するうちに自分が何をしているのか分からなくなり、いつの間にか雪子への謝罪よりも自分自身についてきた嘘があるような気がし始めて、あてもなく考え込む日が続いている。いや、正確には、目的地も乗るべき列車も分からないまま、駅のホームに立ち続けているといったところだろうか。

 駅のホームは、十二年前のあの栂野節子の手紙であり、列車は十二年前と今日をつなぐ亜沙子の記憶だ。この…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです