メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/335 第9章 15=高村薫 田中和枝・挿画監修

 上田亜沙子は雪子との約束を忘れていたわけではない。自身の病気や引っ越しなど、身辺の変化の大きい年だったせいか、雪子が知る由もない隘路(あいろ)に自分で自分を追い詰めてしまい、電話もかけそびれて、プレゼントだけ郵送するに至ったのだ。ほんとうは、栂野先生の手紙の件で雪子に嘘(うそ)をついたことを謝罪したいと思い、何度か手紙を書こうとしたのだが、それがどうしてもうまくゆかない。もともとまとまった文章を書くのが苦手だということもあるが、書いては消し、書いては消し、するうちに自分が何をしているのか分からなくなり、いつの間にか雪子への謝罪よりも自分自身についてきた嘘があるような気がし始めて、あてもなく考え込む日が続いている。いや、正確には、目的地も乗るべき列車も分からないまま、駅のホームに立ち続けているといったところだろうか。

 駅のホームは、十二年前のあの栂野節子の手紙であり、列車は十二年前と今日をつなぐ亜沙子の記憶だ。この…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです