メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

里山支える「馬耕」の復活を=C・W・ニコル

 <カントリージェントルマン>

 私たちは2頭の馬、雪丸と茶々丸を飼いはじめた。森から間伐材を運び出す「馬搬(ばはん)」と、キャンプ道具や食材などの荷物を馬に運んでもらう「マウンテンサファリ」というプロジェクトのためだ。米国とカナダから馬具と鋤(すき)、鍬(くわ)を輸入した。それに、日本製の鋤も手に入れた。明治時代の古いものだが、何の問題もない。かつては里山の農業を支えていた「馬耕(ばこう)」を復活させたいと考えている。2頭にとってもいい訓練になるはずだ。

 南ウェールズの丘陵地で育った少年時代、地元民の間では「畑を耕す最良かつ安全な方法」についての議論が…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1152文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです