メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の9

初めての「成」 観戦記・椎名龍一

 [後]8七歩と金取りに打たれ、佐藤が9八に金をかわしたのが図の局面。

 序盤研究が進んだ影響からか、ここ数年は1日目の早い段階で戦いが起こり2日目には大勢が決して早い終局を迎える将棋が多かったが、本局は久々に名人戦らしい終盤のたたき合いだ。両対局者の集中力と気迫は当然ながらメーターの針がマックスに振り切れているはずだが、修羅場をくぐり抜けてきた経験豊富な両者は、こんな過酷な状況にもかかわらずポーカーフェースを保ち続けている。

 図から羽生は[後]5四金と目障りな垂れ歩を取ったが、局後に「先に[後]7八歩成を利かすべきでした」…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文665文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです