メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の9

初めての「成」 観戦記・椎名龍一

 [後]8七歩と金取りに打たれ、佐藤が9八に金をかわしたのが図の局面。

 序盤研究が進んだ影響からか、ここ数年は1日目の早い段階で戦いが起こり2日目には大勢が決して早い終局を迎える将棋が多かったが、本局は久々に名人戦らしい終盤のたたき合いだ。両対局者の集中力と気迫は当然ながらメーターの針がマックスに振り切れているはずだが、修羅場をくぐり抜けてきた経験豊富な両者は、こんな過酷な状況にもかかわらずポーカーフェースを保ち続けている。

 図から羽生は[後]5四金と目障りな垂れ歩を取ったが、局後に「先に[後]7八歩成を利かすべきでした」…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文665文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです