メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の9

初めての「成」 観戦記・椎名龍一

 [後]8七歩と金取りに打たれ、佐藤が9八に金をかわしたのが図の局面。

     序盤研究が進んだ影響からか、ここ数年は1日目の早い段階で戦いが起こり2日目には大勢が決して早い終局を迎える将棋が多かったが、本局は久々に名人戦らしい終盤のたたき合いだ。両対局者の集中力と気迫は当然ながらメーターの針がマックスに振り切れているはずだが、修羅場をくぐり抜けてきた経験豊富な両者は、こんな過酷な状況にもかかわらずポーカーフェースを保ち続けている。

     図から羽生は[後]5四金と目障りな垂れ歩を取ったが、局後に「先に[後]7八歩成を利かすべきでした」と悔やんだ。本譜では[後]7八歩成に[先]1四歩(本日終了図)と手を抜かれてしまったからだ。図の局面で[後]7八歩成を入れておけば、ここでは先手も[先]同銀と応じるよりなく、それから[後]5四金[先]2四歩[後]1二銀と進めるべきだった。「そうか、成り捨て得なのか」と感想戦で佐藤は納得したようにつぶやいた。

     110手目の[後]7八歩成で、本局初の「成」の文字が棋譜用紙に記録された。ここまで「成」が出てこなかった棋譜は珍しい。[後]7八歩成に手抜きで[先]1四歩と取り込まれた本日終了図で、羽生が残り4分から貴重な2分を使った。

      ---     ?[後]5四金

     [先]2四歩    [後]1二銀

     [先]5六歩 1  [後]5三角

     [先]2九飛    [後]4四角

     [先]1五歩    [後]7八歩成 2

     [先]1四歩

     (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦 !勝負手)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]