メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー ゴール数、過去最多まで14 60試合で157に

 <Russia 2018 WorldCup>

 1次リーグから準々決勝までの60試合で生まれたゴールは全部で157。過去最多は32チーム出場の現行方式になった1998年大会と、前回2014年ブラジル大会の171だ。準決勝、3位決定戦、決勝の残り4試合で更新するか注目される。

 今大会は第13日(6月26日)の1次リーグC組のデンマーク-フランス戦以外は両チーム無得点の試合(スコアレスドロー)はなく、ゴールを積み重ねてきた。準々決勝までの得点ランキングはイングランドのケーンが6ゴールでトップ。ベルギーのルカクが4ゴールで追う。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. SNSで水着姿公開 ロシア女性教師が退職に追い込まれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです