メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー ゴール数、過去最多まで14 60試合で157に

 <Russia 2018 WorldCup>

 1次リーグから準々決勝までの60試合で生まれたゴールは全部で157。過去最多は32チーム出場の現行方式になった1998年大会と、前回2014年ブラジル大会の171だ。準決勝、3位決定戦、決勝の残り4試合で更新するか注目される。

 今大会は第13日(6月26日)の1次リーグC組のデンマーク-フランス戦以外は両チーム無得点の試合(スコアレスドロー)はなく、ゴールを積み重ねてきた。準々決勝までの得点ランキングはイングランドのケーンが6ゴールでトップ。ベルギーのルカクが4ゴールで追う。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. わいせつ 元消防士に有罪 京都地裁 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです