メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り継ぐ オウム事件と私

オウム事件と私/3 なぜ「怪物」生んだ 坂本堤弁護士の元同僚 小島周一さん(62)

=伊藤直孝撮影

 <事務所の3年後輩だった坂本堤弁護士は1989年11月、妻子とともに突然姿を消した。オウム真理教を巡るトラブルの相談を受けていた最中のことだった>

 明るい男でした。一緒に仕事をやり、酒を飲み、カラオケもした。「子どもの人権問題に関心がある」と話していました。「どんな宗教でも信じる自由がある。頭ごなしに叱ってはいけない」。子がオウムに入信して相談に訪れた親御さんにもそう諭していました。

 3人が「失踪」した際、すぐにオウムの関与を疑いましたが、警察の捜査は進みませんでした。全国の弁護士…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです