メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

一時450円超安 米中貿易摩擦を警戒

 11日午前の東京株式市場は、米国が中国に対する追加制裁で関税の上乗せを9月にも発動する方針を示したため米中貿易摩擦を警戒する売り注文が先行し、日経平均株価は大幅に反落した。下げ幅は一時450円を超え、節目の2万2000円を割り込んだ。

 午前終値は前日終値比305円69銭安の2万1891円20銭。東証株価指数(TOPIX)は18.64ポイント安の1697.49。

 取引開始前に、米通商代表部(USTR)が年間2000億ドル(約22兆円)に相当する中国からの輸入品…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです