メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

仏ウンティティ ジャンプ一番、値千金の一発

【フランス-ベルギー】後半6分、フランスのウンティティ(左から2人目)が先制ゴールを決めてチームメートに祝福される=ロシア・サンクトペテルブルクで2018年7月10日、長谷川直亮撮影

○フランス1-0ベルギー●(19日・準決勝)

 身長差11センチをものともせず、ベルギーの高い壁を上から打ち抜いた。フランスのウンティティ。ジャンプ一番、打点の高いへディングシュートが試合の流れを決する値千金の一発となった。

 互いに無得点で迎えた後半6分、右からのCKの場面。身長183センチとセンターバックとしては大柄ではないが「いろいろな人からアドバイスをもらっている。相手の前に出るなど対抗している」とウンティティ。その嗅覚が攻撃面で生きた。

 グリーズマンの弧を描く正確なキックに、近いサイドに入り込みながらジャンプし、194センチのベルギー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです