メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織、初の8強 劣勢で我慢を重ね逆転

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第7日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で第24シードの錦織圭は、世界ランキング138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)に逆転勝ちし、自身初の8強入りを果たした。劣勢でも錦織の頭の中は冷静だった。「1試合を通してなるべくアップダウンしないようにするのは肝としてある」。我慢を重ねて勝利を引き寄せた。

 錦織は序盤、ガルビスの高速サーブに全く対応できず、第2セット終了まで一度もブレークポイントを握れな…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです