メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織、初の8強 劣勢で我慢を重ね逆転

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第7日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で第24シードの錦織圭は、世界ランキング138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)に逆転勝ちし、自身初の8強入りを果たした。劣勢でも錦織の頭の中は冷静だった。「1試合を通してなるべくアップダウンしないようにするのは肝としてある」。我慢を重ねて勝利を引き寄せた。

 錦織は序盤、ガルビスの高速サーブに全く対応できず、第2セット終了まで一度もブレークポイントを握れな…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです