メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

「反日バッシング」語る 是枝裕和監督 映画と公権力の関係

「祝意辞退」の経緯や思いを詳しく語った是枝裕和監督=東京都渋谷区で2018年6月20日、竹内紀臣撮影

 是枝裕和監督の映画「万引き家族」が5月、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した。これ自体ビッグニュースとして報じられたが、是枝さんと映画は別の面でも話題となった。6月、林芳正文部科学相が祝意を示す考えを示し、これを是枝さんが断ったところ、「文化庁の助成金を利用したのに非礼だ」「日本をおとしめる作品」「反日的な内容」などと激しいバッシングが起きたのだ。是枝さんに一連の経緯を聞き、映画と公権力の関係や、不愉快な「反日」というレッテル張りが横行する日本の状況について考えた。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り6523文字(全文6788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]