メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織、4強の壁

ウィンブルドン準々決勝戦でジョコビッチと対戦する錦織=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第9日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準々決勝があり、第24シードの錦織圭(日清食品)は、3年ぶりの優勝を狙う第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、6-3、2-6、2-6で敗れた。錦織は自身最高の8強まで勝ち進んだが、1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの4強進出はならなかった。

 前回王者で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)は、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです