メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織、4強の壁

ウィンブルドン準々決勝戦でジョコビッチと対戦する錦織=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第9日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス準々決勝があり、第24シードの錦織圭(日清食品)は、3年ぶりの優勝を狙う第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、6-3、2-6、2-6で敗れた。錦織は自身最高の8強まで勝ち進んだが、1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの4強進出はならなかった。

 前回王者で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)は、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです