メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 一般人がめったに入れない場所が年に1度、秋に開放される。東京・小菅の東京拘置所で開かれる「矯正展」。全国の刑務所の受刑者が作った日用品や美術品を展示し、販売する。受刑者の更生に理解を深めてもらうのが目的だ。

 一昨年ここに行った時、気持ちが落ち着かなかった。大勢の客でにぎわう敷地のどこかに、あの死刑囚がいる。それだけではない。戦後最悪のテロ事件がなぜ起きたのか、いくら考えても答えが見つからないもどかしさがよみがえったからだろう。

 松本智津夫死刑囚。オウム事件の首謀者に刑が執行された。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文897文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです