メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮と日本人

/下 拉致問題、1ミリでも進めるために 徳島県・陶久敏郎さん(63)

北朝鮮の人権問題に対する公平な取り組みを訴える陶久敏郎さん=井上撮影

 「2002年9月、平壌で行われた日朝首脳会談で、北朝鮮側は日本人の拉致を認めて謝罪し『5人生存、8人死亡』などと伝えました。翌月、5人が帰国し、被害当事者に寄り添う活動が続けられてきましたが、今日に至るまで拉致問題は全く前進していません」。「救う会徳島」代表の陶久(すえひさ)敏郎さん(63)=徳島県阿南市=は2日、地元FM局の番組収録のため、徳島市内のスタジオでマイクに向かった。

 公務員として人権啓発に携わった陶久さんは、拉致を重大な人権侵害と捉え、「拉致被害者家族連絡会」(家…

この記事は有料記事です。

残り1774文字(全文2016文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです