メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦順位戦 長沼洋七段-矢倉規広七段 第4譜

振り飛車ペース

 長沼の食いつきとクリンチに、矢倉は丁寧に対応する。穴熊退治のコツは根気よく指すこと。荒さばきに付き合うと、逆転負けを食いやすい。

     [先]6四角は[先]7四桂の一発を狙った手で[後]9二玉は絶対。[先]3六歩は味のいい手。竜取りを見つつ、[後]3五馬の活用を消している。矢倉は「[後]2九竜と後手を引くのは感触が悪い」と感じるも、それでも振り飛車ペース。

     本日終了図の[後]7七香は穴熊崩しの手筋だが、手堅く[後]8二銀も有力だった。一回埋めておけば後手玉は見えない。(上地隆蔵)

     <70~90手>

              [後]4九飛 13

    [先]8五銀 10 [後]同香   1

    [先]6三香  3 [後]7一金  2

    [先]6一香成 5 [後]同金

    [先]9六銀  6 [後]8四香  2

    [先]8五銀  1 [後]同香

    [先]8六香  5 [後]同香  11

    [先]同角     [後]8四桂  3

    [先]6四角  6 [後]9二玉 22

    [先]3六歩  5 [後]2九竜  5

    [先]8八桂  7 [後]7七香 22

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]