メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外夫婦別姓訴訟、サイボウズ社長の賠償請求棄却 東京地裁
ぐるっと首都圏・食べる・つながる

まちだシルクメロン みずみずしく上品な甘み 最新技術で商品化実現 /東京

 フルーツの定番、メロンのおいしい季節がやってきた。東京都町田市では、地元の中小企業が最新のテクノロジーで開発した「まちだシルクメロン」が話題という。技術者たちの知恵が結集した果物の開発にはどんな苦労があったのだろう。【賀川智子】

 同市小山ケ丘の閑静な住宅街の脇から車で小道を上ると、小高い丘にビニールハウスが3棟見えた。中に入ると、頭上にエメラルドグリーンのメロンがたわわに実っていた。試食してみると、みずみずしい食感と、上品な甘みが口いっぱいに広がった。

 メロン栽培のきっかけは2009年だった。町田には半導体や光学ガラスなどの先端技術を持つ中小企業が集…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです