メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段地元も普及へ一手 将棋通じ街づくり 瀬戸で官民挙げ協会設立 市広報大使、講談師の鱗林さん /愛知

 将棋の藤井聡太七段(15)の活躍に沸く地元・瀬戸市は、将棋文化を通して元気な街づくりを進めるための組織「瀬戸将棋文化振興協会」を設立する。日本将棋連盟の支部として活動し、官民挙げて将棋文化の普及と振興に取り組むという。8月4日に同市蔵所町の瀬戸蔵ミュージアムで設立総会を開催する。また「藤井聡太物語」の公演を続ける女流講談師、旭堂(きょくどう)鱗林(りんりん)さん(44)が市の広報大使に委嘱された。

 協会は伊藤保徳市長、水野和郎・瀬戸信用金庫理事長ら地元各界の10人が発起人となった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです