メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ギリシャ神話のオルフェウスの冥界下りは…

 ギリシャ神話のオルフェウスの冥界(めいかい)下りは、よく日本神話のイザナギの黄泉(よみ)の国訪問と似ているといわれる。死んだ妻を求めてタイナロン岬の洞穴から闇を進み、冥途(めいど)の川や門を越えて冥界にいたったのである▲オルフェウスは得意の音楽で冥王を感動させ、妻を連れ帰るのを許される。ただ地上に戻るまで後ろを歩く妻を振り返るなと命じられた。言われた通りにした2人だが、地上の光が見えたところでオルフェウスがつい妻を見ると……▲この手の地下の冥界訪問の神話は世界各地に分布する。入り口の洞穴や現世と冥界を隔てる川、そこに入り込んだ人間に課せられる厳しいタブーなどは多くの物語に共通する要素で、古今東西の人の心を引きつける何かがあるらしい▲タイの洞窟に閉じ込められたサッカー少年12人とコーチが17日ぶりに救出された。この救出劇が世界中の注目と支援を集めたのも、地底の異界から少年らを取り戻すという神話的な物語性が人々の心を一つにしたからではなかったか▲何日間もの絶望的な閉塞(へいそく)に耐え、帰路を阻む水没洞窟に身を潜らせて通り抜けた少年たちだった。付き添うダイバーの指示に少しでも反すれば帰還はおぼつかない試練にみごと耐えた。今はその目に宿った地上の光をただ祝福したい▲この救出劇ではダイバー1人が命を落とした。今後は洞窟に入った経緯やその教訓も明らかにされよう。ただ13人の帰還の奇跡は、亡くなった人の献身ともども物語として長く語り継がれるのは疑いない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. AV問題 フリー女優連盟が発足 出そろった業界団体
    4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    5. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです