メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IRE

年次大会 証拠・証言積み重ね「MeToo」報道実現 米国で取材記者が報告

セクハラ報道の舞台裏を明かす講座に集まった記者ら=米フロリダ州オーランドで2018年6月15日

 一線の記者らが取材ノウハウを交換して報道の質を高め合う米調査報道記者編集者協会(IRE)の年次大会が6月、米フロリダ州オーランドで開かれ、米国内外から約1800人が参加した。セクハラ(性的嫌がらせ)に抗議する「#MeToo(私も被害者)」運動のきっかけとなった取材・報道で法的資料を徹底分析したり偽情報を見抜いたりした経験や、トランプ政権のメディア攻撃への対処策などを語り合った。【オーランドで長野宏美】

 「これほど大きな反響を呼ぶとは思わなかった」。ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタ…

この記事は有料記事です。

残り1940文字(全文2193文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです