メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IRE

年次大会 証拠・証言積み重ね「MeToo」報道実現 米国で取材記者が報告

セクハラ報道の舞台裏を明かす講座に集まった記者ら=米フロリダ州オーランドで2018年6月15日

 一線の記者らが取材ノウハウを交換して報道の質を高め合う米調査報道記者編集者協会(IRE)の年次大会が6月、米フロリダ州オーランドで開かれ、米国内外から約1800人が参加した。セクハラ(性的嫌がらせ)に抗議する「#MeToo(私も被害者)」運動のきっかけとなった取材・報道で法的資料を徹底分析したり偽情報を見抜いたりした経験や、トランプ政権のメディア攻撃への対処策などを語り合った。【オーランドで長野宏美】

 「これほど大きな反響を呼ぶとは思わなかった」。ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタ…

この記事は有料記事です。

残り1940文字(全文2193文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 大阪・あいりん半世紀、秘蔵ネガ1万枚ネット公開 地元カメラマン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです