メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
IRE

年次大会 証拠・証言積み重ね「MeToo」報道実現 米国で取材記者が報告

セクハラ報道の舞台裏を明かす講座に集まった記者ら=米フロリダ州オーランドで2018年6月15日

 一線の記者らが取材ノウハウを交換して報道の質を高め合う米調査報道記者編集者協会(IRE)の年次大会が6月、米フロリダ州オーランドで開かれ、米国内外から約1800人が参加した。セクハラ(性的嫌がらせ)に抗議する「#MeToo(私も被害者)」運動のきっかけとなった取材・報道で法的資料を徹底分析したり偽情報を見抜いたりした経験や、トランプ政権のメディア攻撃への対処策などを語り合った。【オーランドで長野宏美】

 「これほど大きな反響を呼ぶとは思わなかった」。ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 以前DVの事実確認も友井が否定「わからなかった」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  3. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」
  4. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  5. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです