メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

にじむ「対米共闘」 劉暁波氏妻出国、欧州に秋波

ベルリンの空港に到着後、車に乗り込む劉霞さん(左)=10日、AP

 【北京・河津啓介】中国政府は10日、昨年7月に事実上の獄中死をしたノーベル平和賞受賞者、劉暁波(りゅうぎょうは)氏の妻である劉(りゅう)霞(か)さん(57)のドイツへの出国を認めた。米国との貿易戦争が拡大する中、欧州との「対米共闘態勢」を構築しようとする中国の思惑がにじんだ形だ。

 トランプ米大統領は通商政策だけでなく、強硬な対中政策を次々と打ち出している。今月7日には米軍艦が台湾海峡を通過し、中国側は激しく反発。中国は対米関係の悪化を見据えた外交政策の調整を迫られている。

 こうした中で中国にとっては、同様に通商問題で米国と対立する欧州との関係の重みが増している。李克強首…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです