メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/336 第9章 16=高村薫 田中和枝・挿画監修

 雪子は翌二十一日木曜日の午前中、出勤する前に時間をつくって駒沢公園そばの娘と孫に上田亜沙子のプレゼントを届けにゆく。細手のオーガニックコットンで丁寧に編まれたベビー用靴下とボンネットは、編んだ人間の思いが編み目の一つ一つに絡みついているようで、あまり長く手元に置いておきたくなかったからだが、では、どんな思いが絡みついているのかと自問しても分からない。亜沙子に深い意図などあるはずはない。ちょっと過ぎた優しさのほかには何もないのは分かっているのに、いまごろ余計な気を回している自分は、どうしようもなく人づきあいが下手だと思う。でも、これも母親譲りなのだ。

 一方、百合と一緒に初めてのクリスマスを迎える真弓の家は、玄関を入ったところから大小のリースやガーラ…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文965文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです