メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

不正に陥らないために 研究倫理の教科書出版

 <ピックアップ>

     研究者や学生向けの研究倫理の教科書「科学者の研究倫理-化学・ライフサイエンスを中心に」(東京化学同人・1296円)が出版された。2014年のSTAP細胞論文問題など研究不正の具体例の分析も盛り込みながら、不正に陥らないための研究や発表の仕方、社会との関係性についても解説している。

     田中智之(さとし)・京都薬科大教授、安井裕之・同大教授、小出隆規・早稲田大教授の共著。3人は日本薬学会の年会で研究倫理をテーマにしたシンポジウムを企画したメンバーで、その際の議論が出版につながったという。

     望ましい研究のあり方▽化学・ライフサイエンスにおける研究活動▽研究成果の発表▽研究不正(ミスコンダクト)の実際とその背景▽社会との関係--の全5章。第5章ではオウム真理教による地下鉄サリン事件やデュアルユース問題(軍民両用性)も取り上げている。【須田桃子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    5. 知事発言録 15~21日 /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]