メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

白鵬が足滑らせ膝負傷 休場、最近2年で6回目

 横綱土俵入りで白鵬の休場が館内に伝えられると、満員札止めの観客がどよめいた。白鵬の休場は2016年秋場所からの2年間で6回目。新横綱だった07年名古屋場所から15年名古屋場所までは無休だっただけに、近年の多さが際立つ。

 師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)によると、9日に取組前の支度部屋で足を滑らせて右膝を痛めた。…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです