メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

最大経済効果1.1兆円 総合区712億円 府市試算

 大阪府と大阪市は11日、市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」と、市を残し行政区の権限と機能を強化する「総合区」の両制度に関する経済効果を発表した。都構想では広域行政が一元化され、制度移行後の10年間で歳出を抑制できる額は最大1兆1409億円とし、総合区では同712億円。数値の根拠を巡る議論が焦点になる。

 試算は公募で決まった嘉悦学園(東京)が実施。特別区と総合区の歳出抑制効果のほか、二重行政の解消や社…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです