メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

最大経済効果1.1兆円 総合区712億円 府市試算

 大阪府と大阪市は11日、市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」と、市を残し行政区の権限と機能を強化する「総合区」の両制度に関する経済効果を発表した。都構想では広域行政が一元化され、制度移行後の10年間で歳出を抑制できる額は最大1兆1409億円とし、総合区では同712億円。数値の根拠を巡る議論が焦点になる。

 試算は公募で決まった嘉悦学園(東京)が実施。特別区と総合区の歳出抑制効果のほか、二重行政の解消や社…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです