メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

猛暑、ボランティア襲う 飲料水を配布 岐阜・関に730人

 豪雨で津保川が氾濫した岐阜県関市では11日、上之保など浸水被害の大きかった地域を中心に、県内外から約730人のボランティアが集まった。岐阜地方気象台によると、11日の日中の最高気温は多治見市で全国最高の36・1度を記録するなど岐阜県内11観測所で今年最高を記録した。猛暑の中、ボランティアは泥をかき出したり、がれきを撤去したりする作業に励んだ。

 関市に隣接する美濃市の最高気温は34・4度。関市では、自宅が被災した上之保地区の5世帯9人が公共施…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです