メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道南西沖地震

25年、もがく奥尻 復興需要は一瞬、過疎化に沈む 死者・不明198人

 1993年7月12日の北海道南西沖地震から12日で25年となる。津波に襲われ198人の死者・行方不明者が出た北海道・奥尻島(奥尻町)は人口が地震前の6割以下になり、急激な過疎化に歯止めが掛からない。地元関係者からは「復興需要に沸く間に、若い人たちが定着できる地域づくりができていれば」と悔やむ声が上がる。

 「復興と後退の25年。あっという間だった」。高さ約11メートルの防潮堤上にある慰霊碑の前で、初松前…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです