メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アップル

契約見直し 公取委「iPhone料金拘束」

アイフォーンX=名古屋市中区のアップル名古屋栄店で2017年11月3日、兵藤公治撮影

 公正取引委員会は11日、米アップルがiPhone(アイフォーン)の販売で国内の携帯電話大手3社と結んでいた契約が多様な料金プランの提供を妨げているとして、同社に独占禁止法違反の疑いを指摘したと発表した。これを受けアップルが自主的に契約を見直すことで3社と合意したため、公取委は同日審査を終了したとしている。

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1270文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです