メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織、12連敗中の難敵と 準々決勝

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の第9日は11日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準々決勝で、第24シードの錦織圭(日清食品)が、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。勝てば1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの4強となる。

 錦織にとって、ジョコビッチは特別な存在だ。「彼と対戦する時はいつも楽しんでいる。彼との対戦でいい結…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです