メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

立ち合いで鶴竜圧倒 勢が金星

鶴竜(左)を押し出しで破る勢=ドルフィンズアリーナで2018年7月11日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所4日目は11日、勢が金星で初日を出した。白鵬の休場で結びとなった鶴竜との一番を制し、汗を光らせて戻った支度部屋で、髪を結いながら目をつぶる姿はいつも通り。だが、言葉には、前日まではなかった充実感がにじみ出る。「なんか、優勝したみたい」。カメラのフラッシュを浴びて口角が上がった。

 連敗中の鬱憤を晴らすかのように、迷いなく頭からぶちかまして左差し。上体を起こされた横綱がたま…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです