メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織、ブレーク機逸し悪循環 4強ならず

試合を終え、互いに健闘をたたえるジョコビッチ(左)と錦織圭=AP

ウィンブルドン選手権第9日 男子シングルス準々決勝(11日)

 錦織がネット際にドロップショットを狙って崩そうとしても、食らいついてくるジョコビッチ。それに錦織もコートを縦横無尽に走って反応し、苦しい体勢でもショットを拾い続けてラリーの応酬となった。序盤からお互いの意地がぶつかり合った。

 先手を取ったのはジョコビッチだ。錦織は第1セット第4ゲームで最初のブレークを許したが、第5ゲームで錦織がブレークバックに成功。しかし、そこからジョコビッチの…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです