メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織、ブレーク機逸し悪循環 4強ならず

試合を終え、互いに健闘をたたえるジョコビッチ(左)と錦織圭=AP

ウィンブルドン選手権第9日 男子シングルス準々決勝(11日)

 錦織がネット際にドロップショットを狙って崩そうとしても、食らいついてくるジョコビッチ。それに錦織もコートを縦横無尽に走って反応し、苦しい体勢でもショットを拾い続けてラリーの応酬となった。序盤からお互いの意地がぶつかり合った。

 先手を取ったのはジョコビッチだ。錦織は第1セット第4ゲームで最初のブレークを許したが、第5ゲームで錦織がブレークバックに成功。しかし、そこからジョコビッチの…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 行政ファイル 高崎のすし店で19人食中毒 /群馬
  4. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです