メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

婚約発表の勢、土俵でも金星 鶴竜を押し出しで撃破(スポニチ)

大相撲名古屋場所4日目 ○勢-鶴竜●(2018年7月11日 ドルフィンズアリーナ)

 平幕・勢が通算5個目の金星を獲得した。右膝を痛めた横綱・白鵬の休場の影響で結びに繰り上がった一番で、横綱・鶴竜を押し出した。女子プロゴルファー、比嘉真美子(24)との婚約を発表後の初白星で、自らに勢いをつけた。無敗は新大関・栃ノ心と関脇・御嶽海の2人となった。白鵬の休場は3月の春場所以来で9度目。今年は4場所目で早くも3度目となった。

     座布団シャワーは祝福の花吹雪だ。最愛の人も、この瞬間を待っていたはず。勢は、待ち構えていた報道陣に「優勝したみたいや」と上機嫌で支度部屋に座った。

     鶴竜を一気に土俵の外へ持っていった。6月下旬に女子プロゴルファーの比嘉真美子との婚約を公にしてからの初白星。角界では美女を「金星」という。まさしく“ダブル金星”。感激は隠しようがなかった。「この感触を忘れていました。押し切ったときの歓声。久しぶりの座布団」

     場所入り時にはファンから「おめでとう」と声が飛ぶ。イベントも同様。「まず今は、相撲のことだけを考えて頑張らないと」と分かってはいても、普段とは違うプレッシャーがかかっていた。

     気持ちが空回りし、三役以上が相手とはいえ、初日から3連敗。「上半身だけでいっていた。足を意識しないと駄目」と初心に戻り余計な力を抜いた。鋭い踏み込みは鶴竜が顔をしかめるほど。それでいて、しっかり足もついていった。「力を入れるとヘッドが走らない」と、硬さが取れた動きをゴルフに例えて胸を張った。

     比嘉への報告手段を聞かれると「企業秘密!」とのろけた。フィアンセも先週の女子ツアー「ニッポンハム・レディース」で4位タイの好成績。「頑張っているから刺激を受けています。よきライバルです」とアスリートカップルらしく、切磋琢磨(せっさたくま)も誓った。初金星を挙げた16年の白鵬戦から、名古屋場所での金星は3年連続。縁起のいい場所でご祝儀星を積み上げる。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
    5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです