メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

それから(2017年、韓国) 「生きる意味」問う人生の断片

 「何のために生きるのか?」と問われ、瞬時に答えられる人は少ないでしょう。小さな出版社の社長で、著名な評論家でもあるボンワン(クォン・ヘヒョ)もそうでした。新入社員の女性、アルム(キム・ミニ)を出社初日にランチに誘ったところ、そう問いかけられ、しどろもどろになってしまいます。

 この2人と、ボンワンの妻、2カ月前に別れた不倫相手の女性。この4人のある一日を軸に描かれる、普通の人たちの日常。何気ない会話の底に流れる諦めと希望、象徴的に使われる光と闇。それによって浮き上がるのは、女の潔さと怖さ、…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです