メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ボーローポイント

 今年1月8日、沖縄県読谷村(よみたんそん)の廃棄物処分場に米軍攻撃ヘリコプターが不時着した。一報を受けてあわてて駆け付けたが、現場は真っ暗。暗闇の向こうに大きな機体がうっすらと見えた。

 「ボーローポイントにある地元の敷地に予防着陸」。翌日に読谷村などに出したリリースで、米軍は不時着現場をそう表記した。太平洋戦争末期の沖縄戦で米軍は占領した村に飛行場を造り、戦後は射撃場…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです