メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ うらわ美術館(さいたま市) 本にまつわる1400点 /東京

 JR浦和駅の西口を出る。スーパーや雑貨店の並ぶ商店街を通り過ぎると、ホテルの入った20階建ての「浦和センチュリーシティ」が見える。その3階にある、市立美術館だ。

 展示室は4室、総面積は2349平方メートルとコンパクトだ。小規模でも存在感を示そうと、2000年春の開館時に「本にまつわるアートを展示する」というユニークなコンセプトを掲げた。美しい装丁の本や挿絵の原画など計1400点を所蔵。情報コーナーには全国の美術館の図録やしかけ絵本が置かれ、図書室のような雰囲気だ。来館者は手にとって、自由に閲覧できる。

 駅に近くて生活空間にあり、ふらっと入りやすそうな好立地。なのに、1階入り口に目立たない掲示板がある…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです