メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

歌人・毛利雨一樓 高峰霊園(戸畑区高峰3) 生きるための歌を求めて /福岡

 書よみて年月ひさしたのしみてなほよみつづけ老いやいたらむ

 墓碑に刻まれた歌の通りに生きた人だったという。当初は俳句に親しみ、40歳前後で短歌に転向した。戸畑で米問屋を営む傍ら、1922年に歌人、若山牧水が主宰する詩歌雑誌「創作」に加入。初投稿の際は200首もの歌を一度に送り、69首が2ページにわたって掲載された。牧水はあとがきで「議論も湧く事と思うが」としつつ、「まだ甚だ不洗練なものと思はるるけれどその底に動かし難い本質のあるのを私は感じたのだ。詩歌の本質の潜んでいるのをだ」と異例の優遇を説明している。

 熱心さもあり、雨一樓はすぐに「創作」北九州支社・戸畑の中心人物となった。自宅でも歌会を開いて若手を…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1383文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです