メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

静かな人権外交=西川恵

 <kin-gon>

 当局の監視下に置かれていた中国の女性詩人の劉霞さん(57)がドイツに出国した。10日、ベルリンに空路到着し、ドイツの作家ヘルタ・ミュラーさん(2009年ノーベル文学賞受賞)や中国の反体制派作家ら支援者の熱い出迎えを受けた。

 劉霞さんの夫で、10年にノーベル平和賞を受賞した民主活動家の劉暁波氏が獄中で亡くなって13日で1年になる。劉霞さんは夫の受賞以降、北京市内の自宅で事実上の軟禁状態に置かれ、夫の死後は精神的に深刻なうつ状態に陥っていると言われてきた。

 劉霞さんの出国は、欧州連合(EU)が進めてきた中国政府との間の「静かな人権外交」が、それなりに奏功…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです