メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

静かな人権外交=西川恵

 <kin-gon>

 当局の監視下に置かれていた中国の女性詩人の劉霞さん(57)がドイツに出国した。10日、ベルリンに空路到着し、ドイツの作家ヘルタ・ミュラーさん(2009年ノーベル文学賞受賞)や中国の反体制派作家ら支援者の熱い出迎えを受けた。

 劉霞さんの夫で、10年にノーベル平和賞を受賞した民主活動家の劉暁波氏が獄中で亡くなって13日で1年になる。劉霞さんは夫の受賞以降、北京市内の自宅で事実上の軟禁状態に置かれ、夫の死後は精神的に深刻なうつ状態に陥っていると言われてきた。

 劉霞さんの出国は、欧州連合(EU)が進めてきた中国政府との間の「静かな人権外交」が、それなりに奏功…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1004文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです