メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審

民放連、CM規制慎重 改憲巡る国民投票で

 衆院憲法審査会は12日の幹事懇談会で、憲法改正の国民投票で改憲案への賛否を呼びかけるテレビCM規制について日本民間放送連盟(民放連)から意見を聴いた。民放連は、国民投票運動は原則自由だとしたうえで「CMは国民が自由闊達(かったつ)な議論を行うために必要不可欠で、必ずしも否定的に捉える必要はない」と表明。規制強化に慎重な考えを示した。

 CM放送は国民投票の14日前から禁止されるが、それまでは規制がない。立憲民主党や国民民主党は、CM…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです