メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ほぼ1カ月前(6月12日)に米朝首脳会談が開かれた時、多くの日本人は思ったのではないか。北朝鮮は核を捨てて経済発展をめざす戦略的な決断をした。日本も国際支援の動きに乗り遅れず日朝交渉を急がねば--。

 残念ながら早合点だった。今月上旬の米朝高官協議を終えたポンペオ米国務長官も、北朝鮮の非核化は「数十年に及ぶ挑戦」だと言い始めた。協議に期限は設けないとも。

 言葉尻をとらえるようだが、長官は先月半ば、2020年までに主要な非核化を終えたいと語っていた。突然…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文979文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです