メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

政府の幼児教育・保育無償化 経済優先が招く迷走=阿部亮介(医療福祉部)

 昨年10月の衆院選で、安倍晋三首相が目玉政策に掲げた「幼児教育・保育の無償化」の内容が、6月に固まった。選挙後には認可外保育の取り扱いをめぐって二転三転し、半年以上を費やした。この間の迷走劇を取材し、安倍政権肝いりの無償化政策は保育の実情への理解がいかに欠けているかを痛感した。

 首相は、昨年9月に衆院を解散する際に無償化を表明した。財源には、2019年10月に消費税率を8%から10%に引き上げた際、国の借金減らしに使うことになっていた分を減らして、子育て支援に充てるとした。自民党の政権公約には「20年度までに、3歳から5歳までの『すべて』の子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する」などと明記した。

この記事は有料記事です。

残り1688文字(全文1992文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです