メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO首脳会議

揺らぐ結束 米欧の「相違」浮き彫り

NATO首脳会議の閉幕にあたり記者会見するストルテンベルグNATO事務総長=ブリュッセルで2018年7月12日、ロイター

 【ブリュッセル八田浩輔、高本耕太】12日に閉幕した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、トランプ米大統領は軍事支出や対露姿勢を巡って公然と同盟国批判を繰り返した。トランプ氏は初日に首脳会議の共同宣言をまとめた後も、国防支出を国内総生産(GDP)比2%以上とする共通目標の達成時期を早めるよう加盟国に圧力をかけ続けたとされる。その強硬な手法は世界最大の軍事同盟の結束を危うくしている。

 「極めて強い不満を伝えた。だが最後には素晴らしい会合になった」。トランプ氏は12日、満足げにそう語…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです