メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

黒笹慈幾さん=高知に移住した「ハマちゃん」

黒笹慈幾さん

黒笹慈幾(くろささ・やすし)さん(67)

 小学館の編集者であり、「釣りバカ日誌」の初代担当者として、主人公、浜崎伝助(通称ハマちゃん)のモデルになった。仕事も兼ねて国内外を釣り歩き、同社のアウトドア雑誌「BE-PAL」編集長時代、高知・仁淀川の川漁師に出会った。7年前の定年退職の日、妻、息子と東京から高知への移住を決めた。

 土佐はラテンの風を感じさせる南国だった。会合で約束の時間に行くと「乾杯の練習」が始まっていた。女性…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです