メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

低出生体重児の陰核肥大=答える人・松本富美部長(大阪母子医療センター・泌尿器科)

 Q 低出生体重児の陰核肥大

 娘は約1000グラムの低出生体重児で、陰核肥大と診断されました。主治医は「病気ではなく個性」と言いますが、成長や発達に影響はありますか。(兵庫県、女性、34歳)

 A 成長とともに解決

 女の子の陰核は男の子のおちんちんに相当する外性器の一部です。低出生体重の赤ちゃんは脂肪が少なく、独特の体つきなので、男女を問わず外性器が目立って見えますが、親が気付く陰核肥大は、実際には陰核包皮である小陰唇の肥大がほとんどです。病気としての陰核そのものの肥大と分けて考えます。小陰唇肥大は見かけ以外に不都合はありません。主治医が「個性」と言ったのもそうした意味で、背が高かったり、鼻が大きかったりという個人差の範囲に含まれます。

 低出生体重児では陰核肥大の頻度が高いという研究結果が近年報告されました。早産などで周産期の性ホルモ…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  3. イカナゴシンコ、3年連続の不漁予測 兵庫
  4. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  5. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです