メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【大相撲名古屋場所5日目】鶴竜(右)を突き出しで破る阿炎=ドルフィンズアリーナで2018年7月12日、兵藤公治撮影

5日目(12日・ドルフィンズアリーナ)

 3場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜は引いたところを平幕の阿炎に突き出され2連敗となった。阿炎は白鵬を破った先場所に続き、2場所連続で金星を挙げた。大関・栃ノ心は琴奨菊を寄り切り5勝目。関脇・御嶽海も全勝を守った。カド番の2大関は、高安が平幕6人とともに1敗を守り、2敗の豪栄道は速い攻めで千代の国を降し、白星を先行させた。

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです