メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉県警

女子中学生にみだらな行為 男性巡査を停職処分

 千葉県警は12日、女子中学生にみだらな行為をしたとして、松戸署地域課の男性巡査(20)を停職6カ月の懲戒処分とした。巡査は同日付で依願退職した。

     県警監察官室によると、巡査は4~5月に3回、神奈川県内のカラオケ店で東京都内の女子生徒にみだらな行為をしたとしている。生徒の家族から相談を受けた警視庁が今月2日、神奈川県青少年保護育成条例違反容疑で書類送検した。

     巡査はSNSを通じて生徒と知り合い、休日や勤務明けに会う約束をしていた。県警の聴取に行為を認め、「女の子に興味があった。自分の欲求に負けた。みだらな行為のためだけに会っていた」と話したという。

     県警の山本能之首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。被害者とご家族、県民に心からおわびする」とコメントした。【斎藤文太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 性的虐待 父「誰にも言うな」から救った夫の「悪くない」
    3. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    4. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判
    5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]