メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

孤立状態6県2857人 依然、生活道路寸断

 西日本を襲った記録的豪雨による土砂崩れなどで各地の生活道路が寸断され、広島や高知など少なくとも6県12市町の1691世帯2857人が依然として孤立状態に陥っている。各自治体は海路や空路で住民の生活を支援するが、道路復旧のめどが立っていない地域も多い。大雨特別警報が発表されてから13日で1週間。被災者は今も厳しい生活を強いられている。

 国土交通省などの被害まとめに基づき、毎日新聞が各自治体に孤立状況を取材して12日夜集計した。各地の…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文962文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  3. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  4. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです